オフィスビル 店舗 病院 福祉施設 ホテル 旅館など、中小施設の省エネ 電気料金削減の方法をわかりやすく説明して、ゼロエネルギー化を支援します。

2021年(令和2年)補正 産業・業務部門における高効率ヒートポンプ導入促進事業費補助金

出典:環境共創イニシアチブ

■予算額/公募期間
 42億円
 1次公募:令和3年3月31日〜5月14日
 2次公募:令和3年5月26日〜6月30日
 3次公募:令和3年7月 1日〜7月30日

■補助対象事業
(1)工場・事業場等において、高効率ヒートポンプ設備を導入し省エネルギー化を図る事業。
※ 工場の移転や集約等、既存の事業所を移設する場合も対象。

(2)既設の燃焼式加熱設備等に対し、高効率ヒートポンプ設備を新設・増設、又は高効率ヒートポンプ設備への更新により、プロセス改善を実施し、省エネ ルギー化を図る事業。
※ 既設のヒートポンプ設備の更新、又は既設がヒートポンプ設備のみのプロセスへの増設は対象外。
※ 高効率ヒートポンプ設備を対人空調のみに使用する場合は対象外。 

■補助対象事業者
法人及び個人事業主
大企業は以下のいずれかを満たす場合のみ
・省エネ法の事業者クラス分け評価制度において『Sクラス』に該当する事業者 
・中長期計画書の「ベンチマーク指標の見込み」に記載された2030年度(目標年度)の見込みがベンチマーク目標値を達成する事業者 

■補助対象経費

■補助限度額 上限額:1億円 下限額:30万円

■加熱能力当たりの補助金額

補助対象設備の加熱能力(kW)に基づき定額補助とし、設備費と工事費に係る補助金額を算出し、その合計を事業全体の補助金額(上限)とする。 
【設備費の補助金額】 = 補助対象設備の加熱能力(kW)× 加熱能力当たりの補助金額(円/kW) 
【工事費の補助金額】 = 原則(※)、設備費の補助金額と同額

業務用ヒートポンプ給湯器で貯湯タンクを含まない場合は、工事費の補助金額は設備費の 上限額に0.4を乗じた額とする。 

■補助対象となる導入パターン

  1. 既設の燃焼式加熱設備等を、高効率ヒートポンプ設備に『更新』することで加熱プロセスを改善
  2. 既設の燃焼式加熱設備等と併用し、高効率ヒートポンプ設備を『新設』することで加熱プロセスを改善
  3. 既設の燃焼式加熱設備等と既設のヒートポンプ設備を併用するプロセスに、高効率ヒートポンプ設備を『増設』することで加熱プロセスを改善
  4. 既設の加熱工程と冷却工程に対し、高効率ヒートポンプ設備を『新設』し、ヒート ポンプ設備により発生する加熱と冷却を同時に活用する事業冷温同時供給
  5. その他、高効率ヒートポンプ設備の特性を活かして、既設の生産工程等の加熱プロセスを改善

        ————————————————————–

1.既設の燃焼式加熱設備等を、高効率ヒートポンプ設備に『更新』することで加熱プロセスを改善する事業

2.既設の燃焼式加熱設備等と併用し、高効率ヒートポンプ設備を『新設することで 加熱プロセスを改善する事業

3.既設の燃焼式加熱設備等と既設のヒートポンプ設備を併用するプロセスに、高効率ヒートポンプ設備を『増設』することで加熱プロセスを改善する事業

4.既設の加熱工程と冷却工程に対し、高効率ヒートポンプ設備を『新設』し、ヒート ポンプ設備により発生する加熱と冷却を同時に活用する事業冷温同時供給

5.その他、高効率ヒートポンプ設備の特性を活かして、既設の生産工程等の加熱プロセスを改善する事業

 

2021年 令和3年度省エネ・省CO2補助金

サイトを見たと気軽に電話してください   土日 急ぎのときはスマホへどうぞ! TEL 03-5879-2215  090-3315-2191 平日9:00〜18:00(土日祭を除く)           Eメール:main@zero-energy.jp

PAGETOP
Copyright © ゼロエネルギー支援 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.