オフィスビル 店舗 病院 福祉施設 ホテル 旅館など、中小施設の省エネ 電気料金削減の方法をわかりやすく説明して、ゼロエネルギー化を支援します。

2019年 ASSET事業(環境省)

予算額:37億円(2018年度:37億円)

事業目的
本事業は、既存設備の更新として先進的で高効率な低炭素機器の導入に取り組む事業者が、
ア)L2-Tech 認証製品の導入
イ)L2-Tech 認証製品以外でエネルギー起源 CO2 削減効果のある機器の導入
ウ)先進対策(※)以外の自主的対策(運用改善等)
を組み合わせることにより、事業場・工場(以下「事業場等」という。)における適切な CO2 排 出削減目標を掲げ、その目標達成を約し、本事業の参加者全体で排出枠の調整を行うことで事 業全体として確実な排出削減を担保し、産業・業務両部門における CO2 排出量を効率的に大幅削減することを目的としているものです。

補助対象:既存の設備
ア)L2-Tech 認証製品の導入
イ)L2-Tech 認証製品以外でエネルギー起源 CO2 削減効果のある機器の導入

補助対象経費
 設備費、工事費

補助金額・補助率
 単年度 :1億円
 複数年度:2年で2億円(単年度1.5億円)

  本体 直属機器 付帯機器
ASSET事業対象製品 1/2 1/2 1/3
その他の低炭素製品 1/3 1/3 1/3

対象設備
 空調、給湯、照明、断熱等
ア)L2-Tech 認証製品
イ)L2-Tech 認証製品以外でエネルギー起源 CO2 削減効果のある機器

申請条件等
1
基準年度排出量をASSETモニタリング報告ガイドラインに定める算定方法により算定できること。
2 補助事業実施後の事業場等のCO2排出量が、設備更新事業またはシステム更新事業を行うことによって、基準年度排出量に対して削減されていること。
3 ASSET事業対象製品導入比率が50%以上であること。
4
運用改善等自主的対策による排出削減目標量が排出削減目標量全体に対して10%以上で あること。
5 平成30年度に二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(先進対策の効率的実施による二酸化炭素排出量大幅削減設備補助事業)により機器等を導入した事業場等でないこと。
6 ASSET
事業対象製品を導入したことによるCO2削減効果及びランニングコスト削減効果が定量的に把握可能であること。

公募期間
1次公募 2019425日~64
2次公募  なし

交付決定
1次公募 2019628

サイトを見たと気軽に電話してください   土日 急ぎのときはスマホへどうぞ! TEL 03-5879-2215  090-3315-2191 平日9:00〜18:00(土日祭を除く)           Eメール:main@zero-energy.jp

PAGETOP
Copyright © ゼロエネルギー支援 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.