オフィスビル 店舗 病院 福祉施設 ホテル 旅館など、中小施設の省エネ 電気料金削減の方法をわかりやすく説明して、ゼロエネルギー化を支援します。

2019年 既存建築物省エネ改修等推進事業(国交省)


■予算額:100億円程度
 *環境・ストック活用推進事業(既存建築物省エネ化推進事業他)として

■補助対象:既存建築の省エネ改修費、設備費、工事費

■補助対象経費/補助率: 既存建築の省エネ改修費、設備費、エネルギー計測費、工事費の1/3

■補助金額:上限5000万円 (バリアフリーは2500万円加算できます)

■補助対象設備
 1)躯体の省エネ改修
   屋根・外壁等(断熱)、開口部(複層ガラス、二重サッシ)日射遮蔽(庇、ルーバー等)の
   構造躯体(外皮)改修
 2)建築物の省エネルギー消費性能の向上に資する建築設備の設備費
   照明、空調、給湯、換気等
 3)エネルギー計測
   センサー、データロガー、データ収集・分析等のエネルギー管理に係るソフトウエア等、工事費
 4)省エネルギー性能の表示
   BELS評価等の申請費用、表示費用(プレート代等)
 1)~4)は必須になります。
 5)バリアフリー改修
   バリアフリー改修工事費用は別途2500万円を上限として申請できます。

■計測装置:必須

■申請条件:施設全体の省エネ率15%以上

■公募期間:4月下旬(予想)


サイトを見たと気軽に電話してください   土日 急ぎのときはスマホへどうぞ! TEL 03-5879-2215  090-3315-2191 平日9:00〜18:00(土日祭を除く)           Eメール:main@zero-energy.jp

PAGETOP
Copyright © ゼロエネルギー支援 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.