オフィスビル 店舗 病院 福祉施設 ホテル 旅館など、中小施設の省エネ 電気料金削減の方法をわかりやすく説明して、ゼロエネルギー化を支援します。

2019年 CO2ポテンシャル診断/低炭素機器導入(環境省)

予算額:17億円(2018年度:17億円)

事業分類
1)CO2削減ポテンシャル診断事業
診断機関が、受診事業所を対象に、設備の電気・燃料 等使用量の計測やデータ解析並びに設備の運用状況等の診断を行います。

2)低炭素機器導入事業
環境省のCO2削減ポテンシャル診断事業を実施した事業所において、システムの省CO2化のため、既存機器・設備の改修、または低炭素機器の導入することにより、当該導入事業所におけるCO2排出量の削減を目的としています。

補助対象
工場・事業場などの民間団体等

補助対象経費
1)人件費、業務費、一般管理費
2)設備費、工事費

補助金額
1)上限90万円~110万円 
2)上限2000万円(平成30年度より3000万円から2000万円に変更)

補助率
1)一律上限金額までを支給
2)設備費、工事費の1/3(中小企業は1/2)

対象設備
1)CO2削減ポテンシャル診断事業 
  診断費用

2)低炭素機器導入事業
  ア)設備更新:既存機器・設備の同種の機能と同等以下の能力(出力)を有する機器・設備への更新。
  イ)システム更新:エネルギーの発生・移送・消費を1つのシステムとし、当該システムの既存機器・設備の機能やエネルギー供給の全部または一部を異種の機器・設備に置き換える。

申請条件等
CO2削減ポテンシャル診断事業を受診が条件。
診断結果に基づき20%以上(中小企業は10%以上)のCO2削減。

公募期間
1)CO2削減ポテンシャル診断事業
  426日~628

2)低炭素機器導入事業
  1次公募 426日~531
  2次公募 81日~830

交付決定
1)CO2削減ポテンシャル診断事業
2)低炭素機器導入事業
  718日 応募件数52件 採択件数28

サイトを見たと気軽に電話してください   土日 急ぎのときはスマホへどうぞ! TEL 03-5879-2215  090-3315-2191 平日9:00〜18:00(土日祭を除く)           Eメール:main@zero-energy.jp

PAGETOP
Copyright © ゼロエネルギー支援 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.