オフィスビル 店舗 病院 福祉施設 ホテル 旅館など、中小施設の省エネ 電気料金削減の方法をわかりやすく説明して、ゼロエネルギー化を支援します。

2020年 省エネ補助金 エネ合(経産省)

2019年度より「省エネ補助金」(エネ合)と「省電力補助金」とに分かれての公募になりました。経産省から財務省への2020年度予算要求をもとに作成(2019年10月8日現在)

■予算要求額:595.3億円(省エネ補助金、省電力補助金、ZEH,ZEB、省エネリフォームを含む)
 省エネ補助金:2019年度115億円

■事業分類

1)工場・事業所単位
a.一般事業    ①省エネ率5%以上 or ②エネルギー消費原単位5%以上改善
b.大規模事業     原油換算500kl以上の省エネ量
c.連携事業      複数事業者連携
d.エネマネ事業  エネマネ事業者と契約し、EMS効果と運用改善で原油換算量2%以上の省エネ

2019年度の事業分類 ↓ 2020年度は未定

2)設備単位
 既設設備を、補助対象設備ごとに定められた省エネルギー効果の高い設備への更新を行う事業。
 ただし2019度より大企業は対象外となり申請不可となりました。

■補助対象:既存の設備

■補助対象経費
1)工場・事業所単位  設備費、工事費
2)設備単位      設備費

■補助金額
1)工場・事業所単位  上限15〜30億円 下限100万円
2)設備単位      上限3000万円 下限30万円

■補助率
1)工場・事業所単位
a.一般事業       中小企業:1/3 大企業:1/4
b.大規模事業      中小企業:1/2 大企業:1/3
c.連携事業            1/2
d.エネマネ事業     中小企業:1/2 大企業:1/3

2)設備単位      設備費の1/3

■対象設備
1)工場・事業所単位 
  省エネに寄与する設備・システム、EMS設備・システム
2)設備単位     
   高効率照明(2019年度より補助対象外となり、省電力補助金での申請になります。)
 1高効率空調
 2産業ヒートポンプ
 3業務用給湯器
 4高性能ボイラ
 5高効率コージェネレーション
 6低炭素工業炉
 7冷凍冷蔵庫
 8産業用モータ

■申請条件等
 既存及び導入エネルギーが電気の場合は、省エネ補助金ではなく省電力補助金での申請になります。また今年より、Ⅱ.設備単位は大企業が対象外となり申請不可となりました。

2019年度の申請パターン ↓ 2020年度は未定

■公募期間:1次公募 2020年4月〜5月(予想)

■交付決定:1次公募 2020年8月下旬 (予想)

■メモ
 今年度の採択状況はこちらに書きました ↓↓
 2019年 省エネ補助金まとめ 2020年の予算は?(経産省)

サイトを見たと気軽に電話してください   土日 急ぎのときはスマホへどうぞ! TEL 03-5879-2215  090-3315-2191 平日9:00〜18:00(土日祭を除く)           Eメール:main@zero-energy.jp

PAGETOP
Copyright © ゼロエネルギー支援 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.