オフィスビル 店舗 病院 福祉施設 ホテル 旅館など、中小施設の省エネ 電気料金削減の方法をわかりやすく説明して、ゼロエネルギー化を支援します。

2020年 省エネ補助金 エネ合(経産省)

2020年度(令和2年度)の公募期間は5月20日〜6月30日に決まりました。

Ⅱ.設備単位では、高効率照明が補助対象外となりました。また、
Ⅰ.工場・事業場単位でも、照明導入について次の条件が設けられました。
  「照明を導入する場合は、補助対象経費に関して事業全体の設備費のうち照明に関わる設備費が50%未満の事業で有ること。」

■予算案:459.5億円(省エネ補助金、省電力補助金、ZEH,ZEB、省エネリフォームを含む)
 省エネ補助金:2019年度115億円

2019年度から約92億円減額されました。ただし2019年度補正予算に生産設備におけるエネルギー使用合理化等事業者支援事業費補助金(新規)50億円が予算化され3月公募開始になります。

■事業分類

1)工場・事業所単位
a.一般事業    ①省エネ率5%以上 or ②エネルギー消費原単位5%以上改善
b.大規模事業     原油換算500kl以上の省エネ量
c.連携事業      複数事業者連携
d.エネマネ事業  エネマネ事業者と契約し、EMS効果と運用改善で原油換算量2%以上の省エネ

詳細は、環境共創イニシアチブでご覧いただけます。

2)設備単位
 既設設備を、補助対象設備ごとに定められた省エネルギー効果の高い設備への更新を行う事業。
 ただし2019度より大企業は対象外となり申請不可となりました。

■補助対象:既存の設備

■補助対象経費
1)工場・事業所単位   設備費、工事費
2)設備単位       設備費

■補助金額
1)工場・事業所単位   上限1〜15億円 下限100万円
2)設備単位       上限3000万円 下限30万円

■補助率
1)工場・事業所単位
a.一般事業        中小企業:1/3  大企業:1/4
b.大規模事業 c.連携事業 中小企業:1/2(投資回収年数7年未満は1/3)
             大企業 :1/3(投資回収年数7年未満は1/4) 
d.エネマネ事業      中小企業:1/2  大企業:1/3

2)設備単位         設備費の1/3(大企業は対象外)

■対象設備
1)工場・事業所単位 
  省エネに寄与する設備・システム、EMS設備・システム
 照明を導入する場合は、補助対象経費に関して事業全体の設備費のうち照明に関わる設備費が50%未満の事業で有ること。(令和2年度より)

2)設備単位     
   高効率照明(2019年度より補助対象外となり、省電力補助金での申請になります。)
 1高効率空調
 2産業ヒートポンプ
 3業務用給湯器
 4高性能ボイラ
 5高効率コージェネレーション
 6低炭素工業炉
 7変圧器
 8冷凍冷蔵庫
 9産業用モータ

■公募期間:1次公募 2020年5月20日〜6月30日

■交付決定:1次公募 2020年8月下旬 (予定)

■メモ
 2019年度の採択状況はこちらに書きました ↓↓
 2019年 省エネ補助金まとめ 2020年の予算は?(経産省)

サイトを見たと気軽に電話してください   土日 急ぎのときはスマホへどうぞ! TEL 03-5879-2215  090-3315-2191 平日9:00〜18:00(土日祭を除く)           Eメール:main@zero-energy.jp

PAGETOP
Copyright © ゼロエネルギー支援 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.